なべの美容日記。

本当に良いと思ったものだけをおすすめするブログ。主に美容商品レビュー、たまにうつ病のことも書きます。

うつ病でも美容師の夢を諦めない。病気だから無理。を壊したい!

f:id:rei10181996:20190129175322j:plain


こんにちは、なべです!

 

今日はうつ病の話です。というより、うつ病でも夢を叶えたい・・という気持ちを書きました。

 

今私は美容師アシスタントです。スタイリスト(髪を切る人)を目指しております。

 

うつ病の症状

症状については人それぞれ違いますが、私が働く上で特に悩まされているものは以下の通りです。

 

・朝起きられない

・寝られない

・立ちくらみ

・車酔いしている感じ

・吐き気

・頭の回転が遅い

・やる気低下

・ふらつき

 

薬で抑えられている時があったり、それでもダメな時があったりと、波がありますがこんな感じです。

 

美容師の労働

美容師の仕事ってどちらかというとブラックです。もちろん全ての会社がそうではありません。ブラックなのは美容業界に限ったことではないのも承知しています。

 

美容師の仕事は

 

・朝早くから夜遅くまで拘束

・給料が低い(手取り13万とか)

・接客業(常に緊張感がある)

・スタイリストになるため

 レッスンがたくさんある

・休みが少ない(月7回くらい)

・休みのはずが講習で潰れる

・スタイリストになっても

 給料が上がらないこともある

 

ざっとこんな感じです。朝7時〜23時まで拘束されるのに給料が少ない、休みも少ない。これは健康な人でも根性がいると思います。うつ病の症状を照らし合わせて見ると、まぁ厳しいですね。

 

私は起立性調節障害を持っている状態で、美容室で働き始めました。
自分的にはこの労働状況は当たり前でそんなものだと思っていたのですが、体が先に悲鳴をあげてしまいました。それでもやりたくて無理をしたから、うつ病を併発したのだと思います。

 

もう諦めるしかないと思った

f:id:rei10181996:20181212115348j:plain

 

私は普通の美容室で2回働き、2回ともぶっ倒れて、次はパートで時間を短くして働きました。(これも美容師として)

 

倒れた後に働いたときは、無理しすぎないことを意識したり自分の考え方を変える努力もしてみました。

 

しかし、自分で努力しても、仕事の時間を短くしても働くことができませんでした。朝動けなくて出勤できない。もう終わりだ。と思いました。美容師(スタイリスト)になるためには修行が必要。だけど、こんな状況では働くことも頑張ることもできない。もう諦めるしかないと思いました。

 

ありがたすぎる環境に出会う

もうスタイリストになることは諦めて、美容の雑用でもしようか・・と、諦めつつも美容に携わっておきたい気持ちがありました。全然諦めついてませんね(笑)

そんなとき、今の会社(美容室)と出会いました。お客様のことはもちろん、スタッフのことも考えられた会社。

 

日本トップクラスで仕事とプライベートの両方が充実した離職ゼロの最高に働きやすい環境

 

を作っている美容室でした。ここに、私の旦那が就職することを前から決めていて、私もすごい環境だね!と言いながらみていました。(スタイリスト募集のため私は応募できない。)

そして、会社に問い合わせ、オーナーとの面談がありました。そこで、オーナーが私の状況を理解して、特別にスタイリストになるための練習ができる環境を作ってくださったのです。

 

私は泣きまくりました。この環境を作って頂いてもうまく行くかもわからない、スローペースすぎるかもしれない。そんな思いがありながらも、スタイリストが目指せる環境があることが嬉しかったのです

 

無理せず、頑張ろうとまた思うことができました。

 

あとは自分の努力のみ

努力!とかやる気!とか言ってるとまた自分の首を締めるよーって思われそうですが・・(笑)

 

正直、うつ病の症状がひどいときは、働きたくないーって思ってしまっています。
こんなにありがたい環境があるのに、働きたくないとか甘えすぎだろ!って自分がいやになっていたのですが、仕事したくない、働きたくないと思うのはうつ病の症状のせいだとわかったので、今は気にしていません。

 

やる気が出てやりたい!!と思っているときに練習をするようにしています。少しずつでも前に進んでいる感覚があれば、私の気持ちはすごく楽になるとわかりました。

 

元気になるのが一番

f:id:rei10181996:20181212114803j:plain

私がスタイリストになれたら、その頃にはもうだいぶうつ病は寛解してるだろうと思っています。そうなってくれれば一番いいです。

 

うつ病、起立性調節障害と一言でいっても環境や症状は人それぞれです。働く気になれない人もいれば気持ちはあるけど体が動けない人もいます。

 

私も体調に波があるのでいろんな気持ちが回ってきます。少なくとも今は、美容師(スタイリスト)になりたいです。うつ病や起立性調節障害を美容師アシスタントの時点で抱えていても、スタイリストになれることを証明したい。

 

責任を背負ってるとかそんなことは思っていませんよ(笑)
ただ、このマイナスとも取れる状況をプラスに捉えていくにはそう考えるしかないなと(笑) 病気とか、なった人にしかわからないこともあると思うので・・

 

うつ病だった人が美容師スタイリストになれた!となると、ちょっといい感じじゃないですか?(笑)もちろん働く環境を選ぶことは大切になってきますけど・・

 

今までは、同い年の子がどんどん成長していくのをみて悲しくなったり悔しくなったりしていましたが、周りと比べて落ち込むこともやめにしました。

 

大切なのはやるぞ!って燃えてるときもok。どーでもいいやって思ってるときもok。全ての感情を否定しないこと。

 

自分にとって最高な環境があること幸せなので、あとは自分で少しずつ前に進みたいと思います^ー^

 

この記事を読んで、うつ病だからそんなやる気になれないし、元気じゃないよ。って思う方もいるかと思います。それは私も同じです。やる気がないときはとことんありません。仕事どころかお風呂だって入れない時もあります。この記事で書いたことは自分が少し前向きになった時に考えていることです。

 

お互い、焦らずに自分を大切にしてやっていきましょう。

 

読んでいただきありがとうございました! 

 

 

2019年1月、現実は厳しかったです・・。結末はこちら

【報告】うつ病美容師にさよなら。〜悔しさをバネに新たな生き方を〜 - なべの美容日記。