なべの美容日記。

本当に良いと思ったものだけをおすすめするブログ。主に美容商品レビュー、たまにうつ病のことも書きます。

女性のムダ毛処理、カミソリと電気シェーバーどっちを使う?

f:id:rei10181996:20190129175413p:plain


こんにちは、なべです!

 

突然ですが、あなたはムダ毛処理をするときに何を使いますか?もし、お風呂でカミソリを使っているよー!という人で、ボディの肌を綺麗に保ちたい人がいたら電気シェーバーに乗り換えた方がいいかもしれません。

なぜ電気シェーバーの方がおすすめなのかをみていきましょう!

 

 

電気シェーバーのメリット

f:id:rei10181996:20181210171651p:plain

この記事で書いていく電気シェーバーというのはこの写真のようなタイプのものです。さて、電気シェーバーを使うメリットは以下の通り。

 

・いつでもどこでもムダ毛処理ができる

・肌に優しい

・デリケートゾーンにも使える

・刃を変える回数が少なくてすむ

・肌のバリア機能が保たれる

 (乾燥肌、敏感肌になりにくい)

 

カミソリとの違いでいうとこのあたりでしょうか。デリケートゾーンも普通のカミソリを使っているという人は、かなり肌を痛めている可能性がありますね。

 

電気シェーバーはなぜ肌に優しいの?

カミソリには、3枚刃や5枚刃など様々な種類がありますが基本的にはどれも肌に直接刃が当たる仕様になっています。しっかり剃ることができる分皮膚の表面を一緒に削ってしまうので肌が乾燥しやすくなり、場合によっては荒れてしまうこともあります。

反対に、電気シェーバーの場合は直接刃が当たりません。当たるとしても、刃先が丸くなっている場合が多いです。

 

 

f:id:rei10181996:20181210172908p:plain


Amazon パナソニックページより引用

 

電気シェーバーを選ぶときは刃先が丸い物か、直接刃が当たらない物を選ぶようにするといいですね。

鋭い刃先がダイレクトに肌に当たらない構造だから肌に優しいのです。

 

カミソリほど剃れないのでは?

肌への優しさを考えた電気シェーバーではちゃんとムダ毛をスッキリ処理できないのでは??と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

稀に、古いモデルで深ぞりできない物もあります。しかし、最近のモデルだと上の図にもあるように刃の溝を広めに設定することで、太い毛でも根元からカットすることが可能なのです。

私もカミソリから電気シェーバーに乗り換えましたが、剃り味が悪い!と思ったことはありません。

 

濡れた肌に使うカミソリは危険

カミソリでムダ毛処理をしている人は、お風呂でボディーソープなどをつけてカミソリを使う人が多いのではないでしょうか?

実はそれ、かなり危険です。

お風呂に入ると肌がふやけて柔らかくなりますよね。そのことで、肌の表面の角質層が剥がれやすくなっています。

スクラブで古い角質を除去するときは、その剥がれやすくなった角質を一緒に絡め取ってくれるので都合がいいです。

しかし、スクラブなんかよりももっとパワーのあるカミソリを当てたら・・。おわかりですね。肌を守るための角質までもごっそりさらっていってしまいます。毎度毎度、カミソリでケアしているとどんどん乾燥肌に近づき、やがては敏感肌になることもあります。肌のバリア機能が持ってかれますからね・・。ムダ毛処理の後に保湿をしていない場合はもっと深刻です。

 

基本電気シェーバーは乾いた肌に使うものなのでカミソリよりは、低ダメージです。

 

未来の肌のために電気シェーバーを使おう

一回、二回ではカミソリと電気シェーバーの違いはわからないかもしれません。しかし、使い続けることによって肌に差が出てきます。毎日欠かさずムダ毛処理をしている人なんかは差が出やすいです。

私も、電気シェーバーよりカミソリの方が安いし。と思って使っていましたが、電気シェーバーに変えてから、肌がカサカサしたり赤くなってニキビができるということがなくなりました。毎日カミソリを使っていたので相当なダメージを与えていたんだなと思います(笑)

 

カミソリ1つなら安いですが、耐久性や替え刃のことを考えると、電気シェーバー1つを持っている方がコスパがいいと気づきました。あれこれボディケアするのが面倒だな・・と思う人はまず、肌をダメージさせるのをやめるだけでもかなり違います。これからの肌のために、電気シェーバーを検討してはいかがでしょうか。

 

Panasonicのフェリエシリーズはコンパクトで使いやすいのでおすすめです。

読んでいただきありがとうございました!