なべの美容日記。

「綺麗になりたい」を応援するブログ。美容と好きなものに囲まれた暮らしを提案中。

起立性調節障害の人は血管迷走神経反射が起こりやすい?〜診察と処方薬まとめ〜

f:id:rei10181996:20190129180607p:plain


こんにちは、なべです。

 

今日は心療内科(メンタルクリニック)に行って来ました。前回の受診から17日です。

 

・自律神経失調症

(起立性調節障害) 

・うつ病

 

この二つの病気をみてもらっています。診察の内容をまとめました。

 

 

処方された薬

 

今回処方された薬ですが、前回と種類は変わっていません。副作用については、私が感じたものだけを書いています。

 

リフレックス

<効果>

気持ちを楽にして意欲を高める

 

<副作用>

お腹が張る代謝が落ちて太る

 

夕食後に半錠です。1錠飲んでいた時もありましたが、1錠飲むと急激に太ってしまったので、半分にしてもらっています。この薬は自分にあっているので飲んでいれば少し調子が良くなります。1錠であればもっと元気ですが副作用に悩まされるため増やすことはできません。

 

トラベルミン

<効果>

吐き気やめまいを抑える

 

<副作用>

特に感じない

 

こちらは夕食後と頓服として処方してもらいました。自律神経が悪いためか、ずっと車酔いをしているように気持ち悪かったので合わせて飲んでいる薬です。
朝起きた時などの吐き気には一番効果があるように思います。

 

ロラゼパム

<効果>

心と体の調子をよくする

不安や緊張を取り除く

 

<副作用>

眠気が時々でる

 

この薬は頓服です。基本的には朝〜昼に飲んでいます。効果はよくわかりませんがしんどくならないようにお守りとして飲む感じです。これを飲んでおけば不安を取り除いてくれるので気が楽になっているかもしれません。

 

処方された漢方薬

 

防風通聖散

<効果>

肥満症やむくみの改善

痩せやすくなる

 

<副作用>

お腹を下しやすい

 

こちらも前回と変わらず毎食前に飲みます。約20日間飲んでいたのですが、途中まで毎食前ということに気づかずに、夕食前だけ服用しておりました・・。
それでも効果は十分です。副作用もそんなに気になりません。

 

あまり体重は減っていないですが、明らかにお腹周りが痩せました。食事の量とも関係しているとは思いますが、リフレックスで太るぶんをカバーしてくれています。

 

★前回の記事★

【抗うつ薬】リフレックスで太るのが嫌で漢方薬を飲んだらましになった話。 - なべの美容日記。

 

血管迷走神経反射

最近目立つ症状として、食後に貧血のように血の気が引き、過呼吸気味になって死にそうになる。というのを説明すると血管迷走神経反射ということがわかりました。
自分でも調べていたのでやっぱりな。という感じでした。これは、簡単にいうと自律神経のバランスが何かのきっかけによって急激に崩れることで起きる現象です。
ひどい場合には失神することも・・。

 

<きっかけの例>

・食後

・採血、注射の時

・排泄の時

・恐怖心がある時

・ストレスや強い痛みがある時

 

<対処法>

・横になる

・しゃがみこむ

・両手を引っ張る

・お尻に力を入れる

 

 

自律神経失調症の人は、交感神経と副交感神経の切り替えがそもそもうまくいっていないので、血管迷走神経反射が起こりやすいようです。本当に死ぬんじゃないかと思うくらい怖いので今後も変化を見逃さないようにしたいと思います。
似たような症状でお悩みの方は先生に相談してみましょう。自律神経を整える漢方薬などを処方してくれることもあります。

 

体調の変化を見つける

調子が悪いといってもどのようにしんどいのか、実際に体に変化があるのか、気持ち的に沈んでしまうのか・・など具体的なことは自分しかわかりません。
正直、自分でもわからないこともたくさんありますが(笑)

 

それでも、これを言っても変わらないかなと自己判断することはせずに何か変わったことや思い当たることがあれば、先生に相談することが大切だなと思いました。
信頼できる先生に巡りあうこともとても難しいことですが地道にやっていくしかないですね・・。

 

よくなったことも悪くなったことも、少しの変化を見逃さないようにしてあげようと思います。

 

 

今日は記録用としてブログを書きました。次の診察は年明けになりますが

今年残り1ヶ月をちょっとでも活動的に過ごせたらなと思います^ー^