なべの美容日記。

「綺麗になりたい」を応援するブログ。美容と好きなものに囲まれた暮らしを提案中。

あなたのスキンタイプは何?セルフ診断のやり方とケア解説!

f:id:rei10181996:20190305114112p:plain


こんにちは、なべです!

 

あなたは自分のお肌のタイプを正しく認識していますか??乾燥肌、混合肌など・・。今回は、簡単にできる肌タイプ診断のやり方と、それぞれのケアについて解説します!

 

 

肌タイプ診断のやり方

セルフで肌タイプを診断してみましょう!自分が思っていたタイプと違うこともあるので、先入観を捨てて・・(笑)

 

  1. いつも通りのクレンジングや洗顔をする
  2. その後10分間、スキンケアをせずに放置する
  3. その時の肌の状態を確認する

 

はい、このステップで簡単に肌タイプがわかります!洗顔をした後、顔を濡らさないように、放置してくださいね!

 

では次に、どのような変化があれば〇〇肌なのか、どんなケアをすればいいのかを解説します!

 

肌タイプの種類とケア方法

普通肌(ノーマルスキン)

放置後、特に肌の変化が起こらない場合は普通肌です。普通肌というのは、キメが比較的整っており、水分と皮脂のバランスが取れている肌です。

 

角質層にも潤いがあるため、しっとりとしているのが特徴。

 

普通肌であっても、季節によって肌の変化はあるものです。なので、その時の状態を見極めてケアすることが大切になります!

 

基礎化粧品を選ぶときは、普通肌向けのものなら問題なく使えます。乾燥しそうだな・・というときは、しっとりめのもを使っても良いですね。

 

普通肌とはいえ、刺激の強すぎるものはアウトなので、肌に異変が起こらずに使える物を選びましょう。

 

乾燥肌(ドライスキン)

f:id:rei10181996:20190304160815j:plain

放置後、全体的にカサカサとしてくる場合は乾燥肌です。肌が赤くなってしまったりする場合は、乾燥を通り越した敏感肌になります。

 

カサカサしているのに、だんだんベタベタしてきた・・?というような肌の変化があった場合は、インナードライ肌の可能性が高いです。

 

乾燥肌は、キメがふっくらしておらず、弾力が低下していることが多いです。水分と皮脂の両方が不足している状態を言います。敏感肌になりやすいのもこのタイプです。

 

基礎化粧品は、基本的に皮脂を取りすぎないもの、そして保湿効果の高い化粧水や乳液を使用しましょう。

 

乾燥肌や敏感肌の人は、肌のバリア機能が弱くなっています。なので、ゴシゴシこすったりしないように注意するといいですね。

 

脂性肌(オイリースキン)

放置後、カサつきは特になく、肌全体にベタつきを感じる場合は脂性肌です。脂性肌は、皮脂線の働きが活発で、皮脂と水分が多い肌になります。

 

毛穴が開き、キメが粗いのが特徴です。そして、バリア機能もしっかりとあります。

 

脂性肌は、皮脂が出過ぎて、汚れが肌につきやすいタイプです。なので、基礎化粧品では、しっかりと汚れを落とすことができる物を使用し、油分の少ないものを選びましょう。

 

基本的に、ニキビができやすい肌なので、常に清潔に保つ意識をもつようにするといいと思います。

 

混合肌(コンビネーションスキン)

f:id:rei10181996:20190304160831j:plain

放置後、頬などはカサカサしているけれど、Tゾーンはベタつく場合は混合肌です。カサつきとベタつきがあり、どちらにもケアが必要になります。

 

キメが不揃いで、毛穴が目立ちやすいのが特徴です。バリア機能は弱めで、水分が不足している場合が多いです。

 

基礎化粧品は、カサつく部分とベタつく部分を分けるのが理想的です。

 

カサつく部分には、保湿効果のあるものを、ベタつく部分は、優しめの洗顔料で汚れを落とし、修練化粧水などで肌を引き締めるのがおすすめです。

 

 

肌タイプに合わせたケアを

自分の肌タイプを正確に知り、それに合わせたケアを行うことはとても重要です。

 

肌診断をする10分間は少しきついですが、ぜひ一度確認してみてくださいね!

 

今後の記事で、それぞれのタイプごとのケアをもう少し掘り下げられたらいいなと思っています!

 

 

◯お知らせ◯

はてなスターをつけたい!!と言ってくれる方がいましたので、はてなスターを復活させました!このことについてはまた記事にするかもしれません〜。

 

今後ともよろしくお願いいたします!

 

では、読んでいただきましてありがとうございました!