なべの美容日記。

本当に良いと思ったものだけをおすすめするブログ。主に美容商品レビュー、たまにうつ病のことも書きます。

肌荒れが気になる、乾燥肌の方必見!正しいお風呂の入り方

f:id:rei10181996:20190129172401p:plain
こんにちは、なべです!

 

あなたはこの季節、いつもより肌の乾燥が酷かったり、乾燥が進行して肌荒れを起こしたりしていませんか?

 

そんな気もするな〜と思った方、もしかするとお風呂の入り方が原因かもしれません。今日は、乾燥肌や肌荒れ対策になる、正しいお風呂の入り方をお伝えします!

 

 

1.ぬるめのお湯に短時間浸かる

f:id:rei10181996:20190121201346j:plain

寒い冬、体をしっかりと温めたいという思いから、42度のお湯にゆっくり長時間浸かる・・。という方は要注意です!

 

目的によって、温度や時間は変わってきますが、肌を乾燥させないためには、38度〜40度のお湯に10分〜15分浸かるのがベストです!

 

長時間熱いお湯に使っていると、皮膚がふやけて、セラミドという天然保湿成分が流れ出てしまいます。その結果、乾燥を招くということです。

 

2.お湯に浸かる前に体を洗う

例えば、垢すりをしたりする場合は、しっかり肌をふやかしてから行う必要がありますが、肌の乾燥を防ぎたいときは、お湯に浸かる前に体を洗いましょう。

 

先ほども説明しましたが、皮膚がふやけてセラミドが流れでてしまった状態で、肌を洗うと、刺激が強くなってしまうので、より一層肌が乾燥してしまいます。

 

3.優しく手で体を洗う

これはよく聞く話ですね!(笑)手であろうと、スポンジであろうと、ゴシゴシこするように洗うのは絶対にダメです。

 

今では、体を洗うスポンジやタオルでも、優しい肌触りなものも増えているのですが、一番安心なのは手で洗うことです。デリケートになっている肌でも優しく洗うことができます♬

 

ちなみに、スポンジで洗っても手で洗っても、汚れの落ち方自体は変わりません。変わらないなら、より優しく洗える方がいいですよね。

 

4.水分が残った状態でボディクリームをぬる

f:id:rei10181996:20190121201538j:plain

お風呂から上がった後、ボディクリームで保湿をしているという方、素晴らしい習慣です!しかし、もっと効果を高める方法があります。

 

それが、お風呂から上がって、軽く体が濡れている状態でボディクリームをぬるという方法です。肌は、思っているよりも早いスピードで乾燥していきます。完全に水分を拭き取った状態から保湿を始めるのは不十分なんです。

 

少し体が濡れている状態でクリームをつけることで、伸びもよくなり、肌への浸透力も高まるので、この方法は本当におすすめです!もちろんその後の肌の乾燥も防げます。

 

 

今回は、乾燥肌対策にフォーカスして書きました!少しのことでも、肌に与えるダメージが違ってきます。そして、肌の状態も変わります。もちろん、痩せるお風呂の入り方なんかはまた別になってきますが・・。

 

乾燥肌が進行すると肌が荒れてしまうので、そうなる前に一度、お風呂の入り方を見直してみてはいかがでしょうか^ー^

 

読んでいただきありがとうございました!