なべの美容日記。

「綺麗になりたい」を応援するブログ。美容と好きなものに囲まれた暮らしを提案中。

当たり前を疑う。自分にあったメイクを探す!〜引き算メイク〜

こんにちは、NABEです。

 

今日は引き算メイクのお話を・・。

 

最近、メイクを大幅にチェンジしました。メイクの当たり前を疑い、更新していくことは一つの楽しみでもあります。

 

自分に合わせたメイクをするために、やってみるということは大事だなと感じました。

 

 

 

引き算メイクが意外にハマる

どう大幅チェンジしたのかというと、いろんなものを引き算しました。当たり前にやっていた行程を省いてみたり。

 

具体的に辞めて引き算したものはこちら。

  • パウダー(お粉)
  • アイブロウペンシル
  • アイブロウマスカラ
  • アイメイクのグラデーション
  • アイライナー

 

アイメイクはこんな感じです。あとチークもほとんど塗らないに等しいです。

f:id:rei10181996:20191024205121j:plain

 

メイクの目的を考える

まずメイクはなんのためにやっているのか?ということを考えると、

  • 肌を綺麗に見せたい
  • 目をぱっちり見せたい
  • 可愛く綺麗に見せたい
  • メイク自体を楽しみたい

などなど・・。色々あると思いますが、だいたいこんな感じかと。そこで思ったのが、メイクした結果、見せたい自分になっていればそれでいい。ということ。

 

パウダーを塗らなくても、アイシャドウでしっかりグラデーションを作らなくても、肌が綺麗に見えて目が大きく見えていれば良い。

 

ということで、当たり前の行程を疑ってみたわけです

 

アイブロウマスカラに関しては、綺麗に塗れている人って少ないらしいです。なので、無理に塗って汚くなるなら塗らないほうが無難。と、ヘアメイクさんが言っていました。

 

なるほど。髪色に合わせることは大事だけれど、メイクをやった結果、ダメに見えてしまったら意味がないなと思いましたね。

 

当たり前を疑って自分に本当に似合うメイクを

人それぞれ似合うメイクが違います。なので、みんなと同じメイク方法ではうまくいかないこともしばしば・・。

 

なので、これはやらなきゃ!ではなく、なんのためにその行程をやっているのかを考えてみるのも良いと思います。やる前とやったあとの比較をすることも大事です。

 

意外に、アイライナーを引かないほうが目が大きく見えたりすることもあります(笑)

 

メイクは失敗しても落とすことができます。お休みの日に、いろんなメイクを楽しんでみてくださいね!

 

ありがとうございました!