なべの美容日記。

本当に良いと思ったものだけをおすすめするブログ。主に美容商品レビュー、たまにうつ病のことも書きます。

メイクを変えて自分の可能性を見つけ出す。今よりもっと綺麗になるには?

f:id:rei10181996:20190526173006p:plain


こんにちは、なべです。

 

最近、長らくやっていたメイクを変えました〜。ちょっと変えたりとかはあったのですが、メイクの「なりたい顔」自体を変更したのです。

 

具体的にいうと、かっこいい系の顔から可愛い系の顔に変えました。

 

今日は「メイクに変化をつけて、さらに綺麗になるにはどうすればいいのか」について書きます。

 

自分の可能性を見つけ出し、磨くかダメにするかはあなた次第。

 

 

メイクを変えるには勇気が必要

毎日やっているメイク、ある程度決まっているメイクというのは、とても安心するものです。

 

そんなメイクを変えるとなると、「勇気」が必要ですよね。ですが、この勇気を持てるかどうかで、自分の綺麗度は変わっていくのではないかと思います。

 

新たなメイクに挑戦するということは、失敗する可能性だってあるわけです。「使ってみたかった色を塗ったら似合わなかった・・」なんてこともザラ。

 

しかし、メイクの良いところは「落とせる」ということ。髪をバッサリ切って失敗するのとはわけが違います。

 

失敗しても落とせば良いのだから、なんでも挑戦してみたらいいのです。

 

思い込みや固定概念を打ち破る

私は、可愛い顔よりも大人っぽい顔に憧れていました。なので、アイメイクのグラデーションは縦割りだし、アイラインも目尻に引いて切れ目っぽくしていました。

 

ただ、それは自分の願望をメイクしただけ。自分の顔をいかすメイクではなかったのです。(4年くらいこの調子でした笑)

 

目が大きく見えるし、自分にはこのメイクが一番いい!!と思い込んでいました。

 

そこでなぜ、自分の顔を活かせていないと気づいたのか。それは、固定概念を打ち破り、挑戦したからです。

 

たまたま、「可愛く見えるメイク」のやり方をみていて、普段のメイクとどれくらいの差があるのかな〜と思ったのがきっかけ。

 

半顔ずつ、いつものメイクと可愛く見えるメイクを試してみたことで、「意外に可愛く見えるメイクもいける」ということに気づきました。

 

固定概念、思い込みでガチガチだったら、まず挑戦すらしません。私には似合わないと決めつけてしまうから。

 

それって非常に勿体無いことだと思います。自分の中にはいろんな可能性があるのに、自分でシャットアウトしてしまうなんて。

 

人の意見を取り入れる

メイクはなんのためにするのか。そう言われると、私は自分のためと答えます。

 

自分の気持ちを上げるために行います。それだけではなく

 

「清潔感を出したい」「綺麗だと思われたい」「少しでも可愛くなりたい」

 

いろんな気持ちがあると思います。しかし、清潔感、綺麗や可愛いを判断するのは自分ではなく周りの人たちです。

 

自分でどれだけイケていると思っていても、周りから見るとそうではないかもしれません。

 

もちろん、自分の気持ちが一番大切なのですが、それだけではメイクは完成しないような気がします。

 

素直に、今日のメイクはどうか?雰囲気はどうか?などを聞いたり、何か言われた時にはしっかり受け止めることも大切だと思います。

 

ここで、新たな発見があるかもしれませんからね。私の場合は旦那に聞いています。違いがわかる時とわからない時があるようですが(笑)

 

少しの変化から楽しむ

メイクというのはとても奥深いです。少しの色味・濃さ・ラインの長さなどで、大きく印象が変わります。

 

いきなり全部を変えるのは難しいことです。なので、少しの変化から楽しむのが良いと思います。

 

「今日は少しだけアイラインを短くしてみよう」「チークの入れ方を変えてみよう」

 

なんでもOKです。ここで大事なのは、メイクを変えたらフィードバックをすること。変化をつけたことで、自分の顔がどう変わったのかをチェックしましょう。

 

周りの人の反応などでも良いので、何か情報を得ることで、次に生かすことができます。

 

皆さんの中にはいろんな可能性が秘められていると思っています。(笑)それを磨くかダメにするかは自分次第。

 

今回はメイクについて書きましたが、これからも自分磨きを頑張っていきたいと思います。

 

☆関連記事

www.nabepanman.com

 

www.nabepanman.com

 

www.nabepanman.com

 

Twitterのフォローお待ちしています!

twitter.com

読んでくださってありがとうございました!