なべの美容日記。

「綺麗になりたい」を応援するブログ。美容と好きなものに囲まれた暮らしを提案中。

アイラインがヨレる、眉毛が消える方必見!フェイスパウダーで解決します。

f:id:rei10181996:20190402194222j:plain


こんにちは、なべです!

 

今日は、フェイスパウダーを使ったちょっとしたメイク技をご紹介!(笑)技ってほどでもないのですが、やるのとやらないのでは違いが大きいと思います。

 

アイラインがヨレる、グラデーションがうまくいかない、眉毛が消える・・などのお悩みがある方は必見です!

 

すでにやっている方もいるかも知れませんが、知らなかった!という人はぜひ取り入れてみてくださいね♬

 

 

フェイスパウダーを使ったメイクテクニック 

ここで紹介するテクニックを行うときは、できるだけ色のつかないようなフェイスパウダーが望ましいです。(重ねても厚塗り感がでにくいため)

 

フェイスパウダーのよれにくい綺麗に見える塗り方については、以下の記事に書いてあるのでよろしければ・・。

 

 

では早速いってみましょー!!

 

眉毛を綺麗に書けるようにする

 

まず、一つ目のメイク技は、フェイスパウダーを眉毛の生えているところにちゃんとつけるということです。

 

顔全体に塗るときは、上記の記事の塗り方で良いのですが、それだけでは眉毛のあたりに十分な量はついていません。

 

f:id:rei10181996:20190402194246j:plain

 なので、中くらいの筆にパウダーをとって眉毛の周りや眉毛が生えているところに載せましょう。(毛につけるのではなく地肌を意識してつけます!!

 

眉毛のところにしっかりパウダーが乗っていることで、アイブロウペンシルやパウダーのノリが格段によくなるのです。

 

眉毛のところにファンデーションを塗らない、という方もいるかと思いますが、薄く載せた方が良いと思います。

 

厚塗りにしてしまうと不自然なので、注意してくださいね!

 

眉毛の毛の部分に多くパウダーが乗ってしまった場合には、スクリューブラシでとかすと良いですよー!

 

アイシャドウのグラデーションを作りやすくする

皆さんは、まぶたがファンデーションなどでペタッとしたままアイメイクを始めていませんか??

 

もしその状態でアイメイクをすると、グラデーションが綺麗に作りづらくなります。

 

パウダー状のアイシャドウの場合、油分がある場所に固まってしまうので、グラデーションがうまく作れないことがあるのです。

 

その事態を防ぐために、アイホールなどには別にフェイスパウダーを乗せることをおすすめします!

 

アイシャドウを塗る感覚で大丈夫なので、ささっとパウダーを載せましょう。目元を指で触ってみて、サラサラになっていればOKです。

 

アイシャドウの粉が動きやすくなり、ぼかしやグラデーションがやりやすくなりますよ!グラデーションの作り方の記事もあるので是非チェックしてください〜!

 

www.nabepanman.com

 

www.nabepanman.com

 

アイラインをヨレにくくする

アイシャドウの時と同じく、目元に油分が残った状態だと、アイシャドウやアイラインのヨレの原因になります。

 

アイホールにパウダーを乗せたら、目のキワ(アイラインを引く場所)や下まぶたにも、パウダーを乗せておきましょう。

 

そうすることで、アイラインがヨレにくくなります。アイラインは、ペンシル→リキッド→締め色のアイシャドウパウダーの順番で塗ると、さらに持ちが良くなりますよ!

 

もちろん、リキッド→締め色のアイシャドウパウダーでも大丈夫です!

 

 

土台を綺麗にすれば仕上がりに差がつく

皆さんはこの一手間のテクニックを使っていたでしょうか・・?

 

もし使っていなかったという人で、

 

眉毛が綺麗にかけない・パウダーが乗らない・アイメイクのヨレが気になる・・

 

といった悩みがあった方は、パウダーを乗せることで解決するかも知れません!

 

少しのことですが、アイブロウやアイメイクをする時の土台を綺麗にしておくことで、仕上がりには差が出てきます。

 

次のメイクから、早速実践してみてくださいね♬

 

読んでいただきありがとうございました!