なべの美容日記。

本当に良いと思ったものだけをおすすめするブログ。主に美容商品レビュー、たまにうつ病のことも書きます。

インナードライの原因とケア方法!クレンジングから食べ物まで・・

f:id:rei10181996:20190203152633p:plain


こんにちは、なべです!

 

今日のテーマは「インナードライ肌」。表面はベタついたりしているけれど、なんだか突っ張っている感じがある人は、インナードライ肌の可能性があります。

  • 肌に弾力がない
  • 透明感がない
  • ごわついて、肌に厚みを感じる

インナードライ肌の特徴です。どれも、ベタつくというのは前提です。ベタついてテカるので、脂性肌だと思い込んでケアをしてしまうと、さらにインナードライはひどくなっていきます。

 

ここでは、インナードライの原因とケア方法についてまとめました!

 

 

 

 

インナードライ肌の原因

インナードライ肌というのは、肌の内部が乾燥している状態で、その乾燥を補おうとして皮脂がたくさんでる状態をいいます。基本的には肌のターンオーバの乱れや、バリア機能の低下から起きることが多いです。

 

1.刺激が強すぎるクレンジングや洗顔

大きな原因となるのが、刺激が強すぎるクレンジングや洗顔です。ベタつくからと言って、さっぱり洗うことができるものを使ってしまうと、必要な水分や油分まで奪われてしまいます。

 

ただでさえ、肌の内部は乾燥しているのに、さらに乾燥を進めてしまうので、注意が必要ですね。

 

洗い方に関しても、ゴシゴシこすることも原因の一つです。摩擦を起こして顔を洗うと、皮膚表面に細かい傷ができるようなものなんです。

 

その傷に、ホコリやPM2.5などが付着すると、かゆみや炎症を起こす可能性もあります。

 

2.過度なスキンケア

肌のターンオーバーや、バリア機能を正常化するには、肌の乾燥状態に合わせたスキンケアが必要です。気になるからと言って、たくさんの美容液などを重ねてしまうと、そのこと自体が刺激になることがあります。

 

あれこれ重ねていると、肌がもともと持っている、肌を守る力も衰えてしまいます。やればやるほど良い、というわけではありません。

 

3.痒みや赤みを放置すること

f:id:rei10181996:20190203152727j:plain

花粉症のシーズンなどは特に注意が必要です。インナードライ肌では、肌を守る力が低下しています。(バリア機能)そのため、花粉などの刺激も受けやすくなります。

 

その自分で肌を治す力がない時に放置してしまうと、バリア機能が働かず、大きな炎症に繋がってしまうのです。

 

4.その他

そのほか、日焼け止めを塗っていない状態で紫外線を浴びることや、日常のストレスも、インナードライの原因になります。紫外線は、日焼け止めを塗ったり、UVカット効果のある化粧品を使うことで解決できます! 

 

ストレスに関しては、個人差があります。なかなか改善が難しいところですが、心と体は繋がっているという意識をもつといいですね。

 

インナードライのケア方法

インナードライには、様々な原因があることがわかりました。続いて、インナードライをケアする方法を紹介します!

 

1.クレンジングと洗顔は肌に優しいものを選ぶ

ちょっと当たり前の答えになってしまいましたが・・(笑)

 

具体的にいうと、まずクレンジングは、脱脂力の強いオイルタイプは控えた方が良いです。(一概には言えませんが、基本的にオイルは界面活性剤の使用量が多いため、刺激が強いとされています。)

 

ただ、オイルの種類によっては、インナードライでも使えるものがあります。アルガンオイルやオリーブオイルなどの油脂系のオイルなら刺激は弱めです。

 

インナードライ肌におすすめのクレンジングは、ジェル・ミルク・クリームタイプのものです。物によっては、濃いメイクが落ちないこともあるので、適度なクレンジング力があって、肌に優しいものがベストです。

 

部分的に使う、アイメイクリムーバーなどと併用するのもおすすめですよ!毎度紹介していますが、おすすめのクリームクレンジングについては以下の記事に書いています!

毛穴の黒ずみはポンズのクリームクレンジング で改善する - なべの美容日記。

 

洗顔については、クレンジングほど慎重になる必要はないですが、しっとり系のものを選び、濃密な泡で洗うと、摩擦が軽減できますよ!

 

2.保湿はシンプルケアにとどめる

f:id:rei10181996:20190203152938j:plain

インナードライ肌は、乾燥肌かつ敏感肌です。あれこれつけずにシンプルなケアにとどめましょう。

 

化粧水は、保湿力の高いヒアルロン酸やヒト型セラミド、プラセンタなどが配合されているものがおすすめです。

 

乳液やクリームは、つけすぎに注意してください。セラミドやスクワラン、シアバターが配合されているものを選ぶといいですよ。

 

お風呂から上がったら、すぐに保湿をすることも大切です。お風呂から出ると、急激に肌は乾燥していきます。ケアをしていない状態だと、肌を守るための皮脂膜がまだ形成されていません。なので、そこに乳液やクリームなどで人工の油膜を作り、肌を守るようにしてくださいね。

 

3.症状がひどい場合は皮膚科へ

花粉症やアトピーなど、アレルギーによる炎症がひどい場合は皮膚科を受診しましょう。自分の判断で、あれこれ塗ったりしてしまうと、余計にひどくなることもあります。

 

4.内側からもアプローチできる

クレンジングやスキンケアなど、外からの改善方法を書きましたが、内側からもアプローチができます。

  • 水分
  • セラミド(こんにゃく、わかめ、大豆、黒豆、小豆、ひじきなど)
  • ビタミンA(レバー、うなぎ、青魚、卵、乳製品など)
  • ビタミンB(豚肉、レバー、卵、大豆、納豆など)

 

上記のものを積極的にとることで、肌を形成する元になったり、潤いを保ったり、炎症を抑えたりする効果が期待できますよ!

 

他にも、お風呂の入り方で敏感肌や乾燥肌を改善できることもあります。それについては下記の記事で書いてあるので合わせてどうぞ!

肌荒れが気になる、乾燥肌の方必見!正しいお風呂の入り方 - なべの美容日記。

 

できることから少しずつ 

たくさん書きましたが、自分ができるところから、少しずつ実践してもらえればいいなと思います。あれこれやろうとすると大変ですからね・・(笑)

 

肌や体質は人それぞれなので、自分にあったアイテムや、スキンケア方法を見つけるのはとても難しいことです。その中で、少しでも参考になれば嬉しいです!

 

読んでいただきありがとうございました!