なべの美容日記。

魅力的になりたい人が見るブログ。

アピューマデカソCICA化粧水をレビュー!保湿力、シカのパワーはいかほど?

f:id:rei10181996:20211015173903p:plain


こんにちは、なべです。

 

今日は化粧水のレビューをします。めずらしく韓国コスメです〜。

 

クッションファンデで有名なミシャから発売されている、「アピューマデカソCICA化粧水」です!

 

CICA系の知名度が上がってからしばらくたちますね。私もずっと気になってはいたのですが、これが初めてとなりました。

 

早速いってみましょうー!

 

 

アピューマデカソCICA化粧水は低刺激

まずこの化粧水、というかシカが配合されたものを選んだ一番の理由は「鎮静」です。

 

いろんなケアによって、顔の赤みや炎症はだいぶおさまりました。それでも、ちょこちょこニキビができたり赤みが出るときもあるので、そこをケアしたいなと。

 

アピューのシカ化粧水は、アルコール・オイル・着色料フリーとなっています。肌への刺激を抑えながら、肌を保湿してくれる化粧水です。

 

肌が荒れて赤みが出たりする方は、敏感肌の方が多いので、刺激を抑えてくれているのはありがたいですね。

 

マデカソCICA化粧水をレビュー

馴染みやすいテクスチャー

アピューのシカ化粧水は、とろみのあるテクスチャーでした。

 

一般的に、とろみのあるテクスチャーの方が高保湿!!と思われているようですが、その考えは危険です。

 

高保湿でベタベタしてしまって結局ニキビが増えたり、思っているより肌に浸透しなかったりするので、とろみ=高保湿とは簡単には言えません。

 

話を戻しまして、アピューのシカ化粧水もとろみのある化粧水ですが、まだ軽めだなという印象です。

f:id:rei10181996:20211015174052j:plain

とろみがあるとはいえ、まださらっと流れる感じですね。そこまで白い濁りもありません。

 

こってりしすぎてベタつくこともないし、わりとすんなり肌に馴染みます。

 

ただ、やはり肌がごわついていたり硬いな〜と感じるときには入らないと思います。(正直、大体の化粧水はそんな感じですが)

 

そういう場合は、ちゃんと浸透しやすいような土台を、クレンジングや洗顔、プレ系で行うのが良さそうです。

 

肌を柔らかくしながら浸透させてくれるタイプだとすごく良いな!と思いますが、プチプラですし、まぁそんなに高望みはせず・・。笑

 

シカの鎮静効果はよくわからない

最初にも書きましたが、シカを使う理由は「鎮静したい」からです。肌荒れやニキビケアにも良いとされているわけなのですが・・。

 

今の所はあまり実感できていません。

 

肌荒れも、結局はターンオーバーが関係しているので、塗ったそばから肌荒れがなおる!とかそういうのはないのは承知しています。

 

それにしても、ちょっと初めてのシカコスメで期待しすぎたのかもしれませんが、別にシカじゃなくても良いかな・・と思ってしまいました。

 

ニキビや赤みに関しては、シカクリームなどでダイレクトに攻める方が良いか?と思ったので、そのうちシカクリームも欲しいです!笑

 

最近は、マスクと花粉によってポツポツとニキビができてしまっています・・。まぁニキビも表面的な話じゃないので、腸内環境とかホルモンバランスも大事だよな〜と痛感中です。笑

 

化粧水としての使い心地は良い

シカのパワーはよくわかりませんが、肌に潤いを与える化粧水としての使い心地はよかったです。

 

私は2回に分けてハンドプレスしますが、変にベタつくこともなく、潤いを感じられます。サイトに書いてあるとおり、皮膜感もないので快適です。

 

朝のスキンケアで使う場合、変にぬめりのあるものだと、ベースメイクに影響することがありますが、その心配もなさそうです。

 

使い切りまでに変化があれば追記!

 

あと半分くらい残っているので、引き続き使っていきます。一本使い切るときに、また何かわかったことがあれば追記します〜!

 

個人的に、化粧水で1500円くらいというのは、プチプラといっていいのか?というお値段なのです・・。

 

なので、せっかくならそのちょっと上の良さを感じたいな〜と思います。(1500円に期待しすぎたらだめかーとか思いながら)

 

使い心地は良いのだけれど、潤うだけでは物足りなくなっているので、プラスアルファの結果が欲しいです。笑

 

もし使い切ってもシカの良さがわからなければ、1000円くらいの白潤プレミアムでいいかな・・とか思ったり・・。

 

というわけで、引き続き使ってみます!シカコスメを開拓できたらまたそれも・・。

 

今日はここまでー!

 

読んでくださってありがとうございました!